避妊薬の成分と服用の間隔

経口避妊薬というのは、服用することによって避妊ができるという医薬品で、しだいに市民権を得て、利用する女性も増えてきています。
この避妊薬の成分ですが、現在流通しているものでは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、ふたつの種類の女性ホルモンと同じような構造をした合成物質となっています。
かつては卵胞ホルモンが主要な成分でしたが、この卵胞ホルモンだけでは副作用、たとえば吐き気やめまい、下腹部痛などといったものが大きく、利用する女性に苦痛を強いていたことから、黄体ホルモンを成分として加えることによって、副作用が緩和されるようになったのです。
また、現在では避妊薬といえば低用量ピルとよばれるタイプが主流となっていますが、これも卵胞ホルモンの成分量を50ミリグラムと極力減らしたものであり、副作用がなるべく出ないように配慮しているのです。
経口避妊薬をどのような間隔で服用すればよいのかですが、一般には生理の周期を予測した上で、そのはじまりから毎日1回という間隔で飲み続けるのが正しいといえます。
服用する時間帯についても、朝でも夜でもよいのですが、できれば毎日同じ時間帯として、時間の間隔にばらつきがないようにしたほうがよいとされています。
このことによって、有効成分である女性ホルモンの濃度が、女性の体内で一定の濃度に保たれるため、妊娠しているのとそっくりの状態がつくりだされます。
その結果として、定期的な排卵、あるいは生理が抑制されるので、妊娠をしないですむようになるというしくみです。
なお、避妊薬をこのように事前ではなく、性交後に事後的に飲んで避妊効果を得るという方法もありますが、この場合は多めの量を一気に飲むという特別な服用方法となり、服用の間隔も異なりますので、しっかりと医師の指導を受けたほうがよいといえます。