ピルは卵胞を成熟させない避妊薬以外のメリット

低用量ピルと聞くと婦人科外来でもらえる避妊薬と考える人が多くいますが、最近ではピル外来というものも存在していて、避妊薬としてだけではなく様々な部分でメリットが増えています。まず、服用することで月経に関するトラブルを軽減して、女性がより快適な生活を送れるようにサポートすることができます。
現在の避妊方法で最も確実で安全性の高い方法として低用量ピルの服用が非常に有名で、外来受診をして処方されたピルをきちんと正しく服用することによって1年間に妊娠する確率は0.1%です。つまり、1,000人の女性が1年間ピルを飲み続けて妊娠する確率は1人ということになります。コンドームを正しく使用した場合も3%は妊娠中しますので、避妊薬として有効であり優れています。
ピルというのは主に排卵をおさえて妊娠を防ぎます。卵胞を成熟させるホルモンの分泌をおさえ、そのために成熟しなかった卵胞はそのままなので排卵がおきません。成熟しないことで、妊娠を希望するようになった時に妊娠しにくくなるのではないかと不安に思う人も多くいますが、ピルを服用することによって月経周期を正すことができ、女性特有のがんの発症を予防することができます。そのため、実際に妊娠を希望した場合、体のバランスが整っている状態で行動に移すので、比較的妊娠しやすいといえます。実にピルを服用した後に妊娠希望した女性は大体1年程度で妊娠する傾向があります。
また、副作用についてですが現在はほとんど副作用も起こりにくく、飲み始めの副作用である頭痛や倦怠感などがおきたとしても大体3ヶ月程度でおさまる人がほとんどです。
このように、避妊以外にもメリットはありますので自分の体の不調を改善するために使用する女性も増えてきています。